フレキシブルな開店を実現

フレキシブルな開店

あらかじめ厨房設備や空調設備の設備等が設置されている居抜き物件だからこそ、開店準備の期間を大幅に短くすることが可能になります。
この点が居抜き物件の2つ目のメリットであると言うことができます。

特に、流行りの飲食物やグッズを扱う店舗を開店しようとする際はこのフレキシブルさがさらに重要になります。
なぜなら、通常こうした流行の流行り廃りのサイクルはかなり短期間の内に行われるからです。
ですので、開店準備に手間取り開店が遅れてしまうと、既にその流行が終焉を迎えつつある時期にやっと店舗が開店という事態に陥ってしまうことが考えられるからです。

居抜き物件を活用することでこうした事態を回避することが可能になります。

同一ジャンルだと特に有効

こうした居抜き物件によるフレキシブルな店舗の開店は、同一ジャンルの店舗ですと、特に効果が高まると言えます。
なぜなら、同一のジャンルであれば、設置する厨房設備や什器などが重複することが往々にしてあるからです。

例えば、以前コンビニであった居抜き物件に入居して新しく別のコンビニを開店しようとする場合を考えてみたいと思います。
コンビニであれば当たり前のように使用する店舗棚やレジスター、アイスクリームのケースなどの設備等が既に設置してありますので、こうした調達が難しい設備の用意に手間取ることなく開店準備を進めることができます。

こうしたことは、コンビニ以外でもレストランやカフェ等様々な店舗についても言うことができます。